スポンサードリンク

アンジェリーナ・ジョリーの愛娘ヴィヴィアン・ジョリー・ピットが「マレフィセント」で女優デビュー!どんな性格なのかな?


01047月5日公開のアンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画・
「マレフィセント」が話題を呼んでいますね。

 

ストーリーもとても興味深いのですが、
アンジェリーナ・ジョリーの愛娘のヴィヴィアン・
ジョリー・ピットがこの作品で女優デビューするのが興味深いです。

 

 

演じるのはエル・ファニングが演じる、
「眠れる森の美女」のヒロイン・オーロラ姫の子供時代。

 

 

 

私は最初厳しいオーディションを勝ち取ったと思ったのですが、
ちょっと違ったようです。

 

 

当時候補に挙がっていた3~4歳の子役たちが、
角や牙が生えて目が黄色いアンジーのことを怖がり、
近づこうとしなかったのです。

 

 

怖がらずにマリフィセントと接しられるのが、
ヴィヴィアンちゃんしかいなかったのです。

 

 

そりゃぁ親子ですからね。

スポンサードリンク

それにしてもどんなに恐ろしい格好をしていても、
母親だってわかるなんてすごいですね。

 

テレビの実験とかでも、
赤ちゃん全員が変身した母親を当てますよね。

 

すごいなと思います。

 

でも撮影は親子でも大変だったそうです。

 

 

やっぱり親子なので気を使わないから、
気が大きくなりわがままになったりするのでしょうね。

 

子供ってじっとしているのが苦手ですからね。

 

気分も変わりやすいですしね。

 

 

ヴィヴィアンちゃんの性格はとても明るいそうです。

 

 

また独立精神が旺盛だそうです。

スポンサードリンク

何でも自分でやりたがるのかな。

 

 

カメラとかいじりたがるタイプかもね。

 

 

 

最終的には撮影を楽しんだようですが。

 

 

 

ヴィヴィアンちゃんはお姫様スタイルが好きなようで、
今回の役にぴったりですね。

 

 

形はどうであれ役を勝ち取ったのですから、
女優の遺伝子を受け継いでいると思います。

 

 

 

ステキな女優さんになってくださいね。

 

母親のアンジーが女優業を引退して、
監督業に就くということなので、
ヴィヴィアンちゃんはお母さんの下で
キャリアを積んでいくことになると思います。

 

 

ヴィヴィアンちゃんがどんな女優になるか楽しみですが、
アンジーがどんな映画を作っていくのかも楽しみです。

 

 

正義感が強い人なので、
女性の人権をテーマにした映画とかを作るかと思います。

 

彼女の慈善活動は本当に素晴らしいなと思います。

 

 

 

ヴィヴィアンちゃんも心の優しい大人になってくれるといいな。


スポンサードリンク

コメントを残す