スポンサードリンク

ゴルゴ松本の少年院での”命の授業”が深イイね!


0250
1: パリ・ダカールラリーレースφ ★ 2015/01/16(金) 09:49:07.98 ID:???

15日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、
TIMのゴルゴ松本が4年前からボランティアで活動しているという少年院での“命の授業”に密着した。

 

「命」や「祝」などの人文字芸で一世を風靡したTIMのゴルゴ。

 

命の授業を始めるきっかけとなったのは、
出所した人の職業支援をする知人に誘われて慰問を始めたことだったそう。

 

ゴルゴは、少年院で出会った子どもたちを
「全員が普通の子どもだった」「これは大人次第だなって」と語った。
密着取材の中でゴルゴは、東京都・狛江市の女子少年院「愛光女子学園」に訪れた。

ここは傷害や窃盗を犯した14歳~19歳の少女30名が生活する施設だという。

少女たちの前で授業をはじめたゴルゴは、まず少女たちに夢を訊ねた。


そしてゴルゴは「夢は叶うからね。だけど時間がかかるから」
「叶わない人は、辛いとか不幸だと思っちゃう。


弱音を吐く」と語ると、
ホワイトボードに「吐」という文字を書いた。

ゴルゴは「『吐く』は口へんに+-(プラスマイナス)、でも何かを成し遂げる人は段々弱音を吐かなくなってくる」 「良いことも吐いていいし悪いことも吐いていいけど、マイナスは段々少なくなってくる」と、 ホワイトボードに書いた「吐」からマイナスを消して「叶」とした。


ゴルゴが「するとなんていう字?」と訊ねると、少女たちは「叶う!」と声を合わせた。
ゴルゴは「叶っちゃうんだよ!」と、ネガティブな発言を止めて諦めなければ、夢は必ず叶うのだと教えた。 「命」の大事さをテーマにした授業が終わり、生徒たちが涙まじりにお返しの合唱をすると、 ゴルゴの目にも涙がにじんた。

 

VTR後スタジオでは、この“命の授業”が昨年12月1日に法務省から表彰されたとともに 「カラダが動く限り命の授業は続けていきたい」というゴルゴのコメントも紹介した。(トピックニュース)

ソース http://n.m.livedoor.com/f/c/9679279

スポンサードリンク

★ツイッターの反応

スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す