スポンサードリンク

ソフトバンクが人の感情を認識するロボット「Pepper」を発表!ペッパーくんと呼んでね!


0113
6月5日にソフトバンクは、
人の感情を認識できる、
人間型ロボット「Pepper]を発表しました。

命令を与えられて動く今までのロボットと違い、
人の感情を観ながら自身で判断して行動するのが特徴のようです。

身長は120cmで 男の子の設定です。

 

上半身の動きがとても滑らかですが、
脚はなく車輪で動きます。

2足歩行も技術的には可能だったのですが、
バッテリーを消耗するのを防ぐためにこの形になったようです。

 

これならば連続で12時間以上も稼働するのです。

 

販売価格は19万8000円で、
来年2015年の2月に販売ですが、
それに先駆けて6月6日から、
ソフトバンクモバイルの銀座店と表参道店で”接客”をします。

スポンサードリンク

接客ができるロボットなんてビックリですね!

 

そうなるとPepperくんと呼んだほうがいいかもね。

 

Pepperは人間の表情や声のトーンで、
感情を認識する人工知能が搭載されているだけではなく、
学習機能も付いているそうです。

 

気を遣ってくれるロボットかぁ。

 

かわいいね!

スポンサードリンク

孫正義社長は25年もの間、
ロボット開発が夢だったそうです。

 

記者発表で孫社長は「今日は、
コンピューターがあの日から変わったといえるような、
歴史的な日になる」と宣言しました。

 

ついにロボットもここまできたのですね。

 

いつの間にか大切な存在になっているかもね。

 

また無料でオリジナルデザインのグッズを販売するサイト・
「ClubT」では6月6日から自分でデザインできる、
Pepperくんに着せられるTシャツを販売するサービスを開始。

 

価格は1枚4980円。

受注は6日から開始され、
Pepperが発売される2015年2月以降に配送されます。

 

なお著作権はユーザーに帰属します。
ロボットが服を着るというのも新しいね。

 

私なんか1000円のTシャツ着ているけど、
ロボットの服のほうが高価だな。

 

もっと技術が発達すると、
人間よりロボットのほうがいいという人も、
増えてくるかもしれませんね。

少し心配だな。

 

悲しいことあったらロボットに励ましてもらうのかな。

 

将来ロボットも本音とタテマエを使い分けたりするのかな。

 

ちょっと怖いな。


スポンサードリンク

コメントを残す