スポンサードリンク

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 ガ-ヘン役・松崎悠希


0020

ジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・
カリビアン 生命の泉」に出演するなど、
ハリウッドで活躍する松崎悠希。

高校を卒業後、
「世界的な映画俳優になりたい」と、
渡米しました。

しかし直後に所持金を盗まれ、
一時はホームレス生活を送るという、
辛い時期もあったそうです。

デビュー作は「ブラック・ニンジャ」。

映画「硫黄島からの手紙や、
「ピンクパンサー2」で、
実績を積んでいきます。

彼の魅力はなんといっても、
役を選ばない演技力でしょうか。

「硫黄島からの手紙」に出演が決まった時、
彼は24歳でしたが36歳の役を演じています。

しかし誰も気が付かなかったようです。

スポンサードリンク

「パイレーツ・オブ・カリビアン」では、
ガ-ヘン役を演じています。

ロケ中にはジョニー・デップが、
気さくに話しかけてくれたそうです。

しかし撮影が始まると、
ジョニー・デップのオーラに、
見とれてNGを出してしまった事も。

オーディションはロスやハワイ、
ヨーロッパ各地で開かれました。

しかしロブ・マーシャル監督の、
イメージに合う俳優は、
見つかりませんでした。

難航していたその時、
松崎悠希の過去の出演作品を、
まとめたテープを観たマーシャル監督。

その映像を観ると、
彼の演技力に確信を抱くのでした。

「これだけさまざまな役柄を、
演じ分けられる俳優なら、
間違いない」と。

オーディションなしの即決でした。

スポンサードリンク

今年フィリピンで公開された、
映画 「インスタント・マミー」の監督・
レオ・アパヤも最初はこう思ったそうです。

「この役には若すぎるのではないか」と。

しかしそのデモ映像を観て、
その変身ぶりに驚愕し、
惚れ込んだそうです。

監督は彼はカメレオンだと言ったそうです。

「硫黄島からの手紙」の監督・
クリント・イーストウッドに、
笑顔が可愛いとほめられた事も。

ハリウッド俳優として活躍していながら、
謙虚で人とのつながりを大切にする、
気さくな人柄の様です。

成功する人はやはり人のつながりを、
大切にされる人が多いと思います。

人から学ぶ事ってとても多いですものね。

一流の人ほど謙虚である事が大切と、
よく耳にします。

人に尊敬されたいと思うのではなく、
人の長所を認め相手を尊敬する事が、
大切なのだと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す