スポンサードリンク

マイケル・J・フォックス!パーキンソン病乗り越えカムバック!


0035

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で、
一躍人気スターとなった、
マイケル・J.フォックス。

日本でもすっかりおなじみとなりましたね。

しかし30歳を前にパーキンソン秒をわずらい、
テレビで彼の姿を見る事は、
なくなってしまいました。

あれから二十数が経ちましたが、
どうしているのでしょう?

調べてみました。

スポンサードリンク

二十数年間の闘病の末、
2013年からアメリカでTV復帰していたのです!

嬉しいですね。

出演している番組はというと、
「The Michael・J・Fox Show」!
こちらが動画です。

ストーリーはパーキンソー病の、
花型ニュースキャスターの物語を、
コメディータッチに描いたものです。

つまりマイケル自ら制作総括者の1人となり、
自分の実生活を逆手に取って、
お笑いにしてしまうというもの。

すごい精神力ですね!

スポンサードリンク

番組には妻のトレーシー・ポランも、
同じコンドミニアムに暮らす隣人として、
出演しています。

復帰したTVの世界について、
こうコメントしています。

「想像以上に楽で自分でも驚いた」と。

すっかり元気を取り戻したようですね。

これまでにマイケルは、
パーキンソン病に関する運動に、
積極的に取り組んできました。

チャリティーの参加や、
自ら運営するパーキンソン病の、
研究財団のための運動などです。

主な活動内容は、
イベントやトークショーの出演です。

しかしここまで来るまでは、
相当苦しんだようです。

30歳を前にパーキンソン病と、
診断されてから1年くらいは、
自暴自棄になってしまったそうです。

毎日1人でアルコールばかり飲んで、
過していたそうです。

今でもマイケルは手足が震えたり、
体が揺れる症状が見られます。

でもファンにとってはテレビで、
元気kなマイケルを見れただけで、
嬉しいですね。

そんな姿のマイケルを見たくないと、
いう声も少なくないのが残念ですが。

でも私はよくぞ帰って来てくれたと、
拍手を送りたいです。

「The Michael J・Fox Show」!

この記事を書いた時は、
日本でも放送してほしいなと、
思っていたけど、
早くも日本放送が決定しましたね。
とても嬉しいです。

マイケル・J・フォックス・ショー詳細情報

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す