スポンサードリンク

レディー・ガガが破産していた?ヒット曲飛ばしまくっていたのになぜ?


0083

最近ドキュメント番組「Who the F–K is
Arthur Fogel」に出演したレディー・ガガ。

 

その中で2009年に、
破産状態にあったことを告白したそうです。

 

 

およそ3億円あった貯金はすべて、
「ザ。モンスター・ボール・ツアー」のための、
コスチュームやステージ費用に投資したため、
「ツアーの間は破産状態だったの」と告白。

 

 

これにはガガの家族も驚いていたそうです。

 

 

父親は「『バッドロマンス』も売れているし、
ラジオでは君の曲がかかりまくっているのに、
なぜそんなに貧乏なのかわからない」と言ったそうです。

 

 

え~!3億円もあったのに貧乏?

 

実はこれには深い理由があったのです。

 

というのは有名イベント会社「ライブ・ネイション」の、
グローバルツアー部門の責任者・アーサー・
フォーグルの目を引き付けるためだったそうです。

スポンサードリンク

「彼が電話をしてきて、
『一緒にやろう』と言ってくれたときのことは忘れられない。

 

彼が40億円の小切手を切ってくれたことで、
私と家族の人生が変わった」と、
当時を振り返ります。

 

なるほど。

 

スターになるためには、
こういうことも必要なのですね。

 

 

ガガの作戦は成功し、
フォーゲル氏はガガのツアーの、
マネジメントを行うことに同意したのでした。

 

いまや世界的な大スターとなったガガ。

 

このことがなかったら、
今のガガはなかったかもしれませんね。

スポンサードリンク

どんなビジネスでも最初は投資が必要になりますよね。

 

経費をケチっていては、
いいものができませんよね。

 

 

ここで成功するかしないかの決めてはやはり、
良いパートナーを見つける事だと思います。

 

 

またチャンスを見逃さない先見の眼が必要ですね。

 

 

そう考えると苦しくても、
投資をする必要があったのでしょうね。

 

 

でも私だったら少しは自分のために、
とっておこうと思うでしょうね。

 

 

それだけ音楽の世界で成功したいという思いが、
とても強かったのでしょうね。

 

 

でも本当に良いパートナーを見つけてよかった。

 

 

 

最近日本でも有名芸能人がプロダクションや、
マネージャーにお金をだまし取られる事も多いですよね。

 

よくあるあるケースでは、
新人歌手などがデビューする際に、
売り込むためにお金が必要だと、
親から大金を取ると逃げてしまうというもの。

 

 

またマネージャーに売り上げを持ち逃げされたり。

 

ほんと怖いですよね。

 

信頼していた人からだまされるなんて、
精神的に辛いでしょうね。

 

 

芸能界って華やかに見えるけど、
裏では苦しい思いをしている人もたくさんいるでしょうね。

 

 

売れていても、
いつこうなるかわからないので怖いですね。

 

リスクも大きいけど、
やっぱり芸能界は楽しんで仕事をして、
たくさん稼げるので憧れますね。


スポンサードリンク

コメントを残す