スポンサードリンク

上戸彩がアンジェリーナ・ジョリー主演の映画「マレフィセント」のオーロラ姫の声優に決定!


0111
女優の上戸彩がアンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画・
「マレフィセント」の 日本語吹き替えを務めることが決定しました。

 

 

声優を務めるのはエル・ファニング演じるオーロラ姫。

 

5月28日にはアメリカ・ハリウッドの、
エル・キャピタン劇場で開催された、
ワールドプレミアにも出席しました。

 

 

上戸彩はアンジェリーナ・ジョリーの大ファンで、
出席したワールドプレミアで、
アンジーと初めて対面ができたことに興奮の様子。

 

 

彼女は興奮しながらこう語っています。
「尊敬していたアンジーに会えて嬉しい。

 

今でも心臓のバクバクが止まりません」

スポンサードリンク

この日のイベントでは着物姿で現れ、
オーロラをモチーフにした帯を締めて、
緊張しながら待っていました。

 

するとアンジーのほうから近づいてきて、
「きれいな着物ね」と声をかけてきただけではなく、
手をとって公式フォトセッションエリアに案内すると、
ツーショットの撮影をしてくれたのです。

 

 

用意していたお土産を渡したところ、
「家族の分までありがとうね」と言ってくれて、
とても感激したそうです。

またオーロラ姫がスクリーンから抜け出してきたような、
ラベンダー色のドレスを着たエル・ファニングも、
上戸彩の帯に目を留めました。

 

そして「すごい!きれいね。

キラキラしているものは大好きなの」と、
絶賛のコメントをしました。

 

 

監督のロバート・ストロンバーからも、
「(オーロラ姫に)ぴったりだね!」とお墨付きをもらいました。

 

そう言われれば上戸彩って、
いろいろなファッションを着こなす女優さんですね。

 

テルマエ・ロマエのクラシックなファッションも、
とっても似合っていましたね。

 

普段は地味目のようで、
クローゼットには必要最低限の服しかないようですが、
いろいろな役にハマっていくのを見ると、
とってても面白いです。

 

売れていても着飾ることもなく、
いたって庶民派のようです。

 

結婚観においても、
昭和初期の家族像が理想だそうです。

 

 

そんな超ナチュラルな性格が人を引き付けるのでしょう。

 

 

実力がありながらも親しみやすい彼女に、
多くの人が夢中になるのですね。

 

 

それだけではなく、
しっかりした印象もあります。

 

かわいくてナチュラルでしっかり者。

こういう女性を男性は奥さんにしたいと思うのでしょうね。

 

 

大好きな食べ物は卵焼きだそうです。

 

おふくろの味が大好きなのかな。

 

昭和の初期の雰囲気が好きということは、
年上に可愛がられるでしょうね。

旦那さんも年上ですしね。

 

 

誰に対してもフレンドリーで、
現場スタッフからの評判がとてもいいようです。

 

 

2012年には「週刊実話」が発表した、
「現場スタッフが選ぶ性格のよい女優ランキング」で2位に。

 

1位は綾瀬はるかだったそうです。

 

このナチュラル感がファッション同様に、
どんな人とも溶け込んでいくようですね。

 

 

これってすごい才能だと思います。

 

 

彼女の明るくナチュラルな性格で、
世界中を平和な気分にしてあげてほしいな。


スポンサードリンク

コメントを残す