スポンサードリンク

明治大学にはひたすら嵐のPVを観る講義がある!楽しそう!


いま明治大学法学部で、
この春から開校されている講義が話題になっています。

 

 

というのは人気グループ・嵐が大学講義の題材に使われているのです。

 

 

 

社会心理学の自由講座の中で行われているもので、
今年で20年を迎えました。

講義を担当する関修氏は講義要項にこう記しています。

 

 

「社会心理学の講座として始まった本講義も、
今年で二十年の節目を迎えた。

 

 

セクシュアリティについて講義して欲しいとの要望を、
それなら楽しんでもらおうとSMAPなどを題材に用いたのが始まりである。

 

 

 

今年は結成15年を迎えた「嵐」を取り上げようと思う。

 

 

時代は確実に嵐であるから。

 

 

嵐ブレイクの理由などを考察してみたい。

 

 

その際、もちろん映像を多用し比較という手法を用いる。

 

さらに文化研究の基礎となる精神分析・ 現代思想について概説する」。

講義は全15回行われます。

スポンサードリンク

テーマは以下の通りです。

 

第1回:ガイダンス―時代は嵐

第2回:ジャニーズという文化

第3回:嵐以前、SMAPを中心に

第4回:嵐のPVの編成、ブレイク以前

第5回:嵐のPV編成、ブレイク以後

第6回:嵐のメンバーの比較

第7回:バラエティに見る嵐」

第8回:ドラマに見る嵐

第9回:コマーシャルに見る嵐

第10回:コンサートに見る嵐

第11回:嵐とJ-POP

第12回:嵐とK-POP

第13回:嵐以後のジャニーズ

第14回:まとめ―嵐の時代は続くのか―

第15回:テスト

すごく面白そうですね。

スポンサードリンク

いろいろな角度から分析していくというのが、
とて興味があります。

テレビではわからないことを、
専門的に学んでいけるのですから。

 

こういう番組もあっていいなと思います。
毎日テレビで観ていても、
知っているようで知らないことも多いでしょうね。

この講義では精神分析や思想なども学べるなんて、
すごく面白そうです。

 

バラエティ番組のトークなど聞いていると、
大体の性格とか思想は分かってくるのですが、
これを専門的に分析していくのがいいですね。

 

この講義のDVDが出たらぜひ買ってみたいな。

 

NHKの「ハーバード白熱教授」みたいに、
テレビで講義の様子を放送してほしいな。

 

 

嵐がなぜここまで人気があるのか、
完璧に説明できる人は少ないかもしれません。

私の分析ではメンバーみんなが仲がいいので、
明るい雰囲気を持っているからかな。

 

 

あとは威張ったところがないですよね。

 

 

この2つは多くの人が感じていることかもしれません。


スポンサードリンク

コメントを残す