スポンサードリンク

本田望結将来はフィギュアスケーターも?親の子育てポリシーは?


0027

「ドクターX」の最終章で難病の少女を演じ、
その自然な演技に驚かされましたね。

撮影中にもかかわらずに、
望結ちゃんの素晴らしさに、
涙するスタッフが続出したそうです。

本当の事かと思うほどの、
高い演技力で、
引きつけられましたね。

憧れの米倉涼子と共演できた事は、
夢の中かと思うくらい幸せですと、
喜びを語っています。

「ドクターX」の台本を読んだときは、
ずっと泣いていたそうです。

難病の少女・くるみの気持ちを考えたら、
涙が自然に出てきた様です。

感受性がとても豊かなのですね。

スポンサードリンク

望結ちゃんはフィギュアスケートも、
やっているそうです。

将来はオリンピックなどに出るのかな?

自然で豊かな表現力は、
女優としてもフィギュアスケーターとしても、
最高の武器となるでしょうね。

望結ちゃんは七田チャイルドアカデミーに、
通っていたそうです。

ここでの教育が、
とても役に立ったのでしょう。

教育の柱となっているのがこの3つです。

①記憶力

②イメージ力

③集中力

確かにこの3つの能力があれば、
どの世界でも結果が出せると思います。

自分の才能ってなかなか気づけませんが、
このアカデミーに通うと、
早いうちに自分の才能を開けるのですね。

1人にこんなに多くの才能があったなんて、
すごい事ですね。

よく人の才能って99%が眠ったままだと、
聞いた事があります。

その才能を伸ばしてあげる、
七田チャイルドアカデミーは、
すごい所だなと思いました。

スポンサードリンク

ご両親の子育てポリシーもいいですね。

「やりたい気持ちを応援し、
一緒に見守る」だそうです。

子どものやりたい事に、
口出しやアドバイスをしないという事も、
ポイントの様です。

子どもの無限の可能性を引き出す上で、
とても大切な事だと思いました。

信じてくれる人がいると思うと、
がんばろうという力が湧いてきますよね。

これは大人の人間関係にも通じると思います。

生きる上で大きな勇気になりますよね。

望結ちゃんの活躍ぶりは、
ご両親の子供を信じる力が、
あったからなのですね。

とても大切な事を学びました

関連記事:本田望結の姉・本田真凛のフィギュアの実力がすごい!


スポンサードリンク

コメントを残す