スポンサードリンク

福山雅治主演映画「そして父になる」リメイク情報!


0001

福山雅治主演「そして父になる」リメイク情報!

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した映画「そして父になる」。

世界230の国と地域で上映され、
大絶賛でしたね。

興行収入は30億円となりました。

観客動員数は250万人を突破!

映画の巨匠・スティーブン・スピルバーグも感動し、
ハリウッドでリメイクする事が決定しました。

発表から2ヵ月経ちましたが、
キャストが気になったので、
調べてみました。

スポンサードリンク

福山雅治演じる野々宮良太役に、
大スター・トム・クルーズの名前が!?

私のイメージとは少し違いましたが、
面白そうですね。

そしてリリー・フランキーが演じる、
斎木雄大役にジャック・ブラックの名前も。

彼の代表作は2003年に公開された、
「スクール・オブ・ロック」で、
この作品で一気に知名度が上がりました。

あくまでも食事の席での話なので、
まだ決定ではありませんが、
そろそろキャストが決まると思われます。

日本の作品とアメリカの作品を、
見比べてみるのも面白そうですね。

この作品はカンヌ以外にも、
カナダのトロント国際映画祭など、
様々な国際映画祭に出品されました。

トロント国際映画祭には、
大女優・ニコール・キッドマンも出席していて、
ほとんど泣きっぱなしだったそうです。

またスペインで開催された、
「第61回サンセバスチャン国際映画祭」には、
是枝裕和監督と主演の福山雅治が出席し、
観客賞を受賞しました!

日本の映画がここまで評価されて、
とても嬉しいです。

スポンサードリンク

どんなに血がつながっていなくても、
自分を本当に愛してくれている親がいるって、
感動的ですね。

血がつながっていないからと、
愛情が冷めてしまうのは悲しいです。

是枝監督は映画を制作するにあったって、
実話を調べていたところ、
当時多発していた「子供取り違え事件」を知ります。

ほとんどの親が血がつながっていた子を、
無理やり連れていきました。

それに疑問を感じた是枝監督は、
映画の中でこれを訴えたかったのでしょう。

世界でもこういう問題は多いのかもしれません。

むしろ日本より海外の方が、
複雑な環境に置かれているのかもしれません。

だからこそこの映画が心に響いてくるのかもしれません。


スポンサードリンク

コメントを残す