スポンサードリンク

NHK朝の連続ドラマ「マッサン」ヒロインに初の外国人が決定!


 0074

 

4日にNHKは今秋9月に始まる、
朝の連続テレビ小説「マッサン」の、
主人公夫婦役を発表しました。

 

今回の主役となる亀山政春役には
俳優の玉山鉄二が選ばれました。

 

亀山政春はニッカウヰスキーの創業者で、
”日本のウイスキーの父”と呼ばれてる、
竹鶴政孝を描いたものです。

 

事実を描いているため、
主人公の夫婦の名前を変えています。

 

札幌オリンピックの、
”日の丸飛行隊”を支援し、
北海道余市の名誉町民となりました。

 

そして妻・リタ役には、
アメリカの女優のシャーロット・
ケイト・フォックスが選ばれました。

 

妻のリタも劇中では亀山エリーとして、
登場します。

スポンサードリンク


物語は大阪の造り酒屋の跡取り息子が、
ウイスキーに目覚め、
スコットランドに渡ります。

そこで出会った、
スコットランド女性と恋に落ち、
駆け落ち同然で国際結婚します。

 

帰国後に2人は大阪で、
日本初のウイスキー造りを目指します。

 

挫折を繰り返しながらも、
夢を追い続けていきます。

 

昭和の時代が到来し、
2人は北海道へと渡ります。

 

新天地でのウイスキー造りに、
ゼロから挑戦していくという、
ストーリーとなっています。

スポンサードリンク

注目のヒロイン役のシャーロットは、
スコットランド人の祖母を持つアメリカ人です。

現在28歳。

 

オーディションを経て、
見事ヒロインの座を勝ち取ったのです。

日本のテレビドラマの出演は初めてです。

 

これがNHK朝ドラ初の、
外国人朝ドラヒロインとなりました。

 

 

オーディションは国内の応募と並行して、
イギリスを拠点に海外にも、
視野を広げて行われました。

 

国内からは232人、
アメリカやイギリス、フランスなど、
海外からは289人の応募がありました。

 

 

ヒロインに選ばれたシャーロットは、
アメリカでは舞台を中心に活躍しています。

 

日本でもおなじみのミュージカル・
「シカゴ」にも出演しています。

 

櫻井賢チーフプロデューサーは、
決め手となった理由をこう述べています。

「日本人にも親しみやすい雰囲気、笑顔、
何より演技力」。

 

また「日本語の3分以上の台本を、
3種類渡しましたが、
短期間のレッスンで身につけてこられた。

セリフの意味を理解し、
丸暗記とは違う演技力には圧倒された」

 

「コメディセンスもすごく持っている」と、
彼女を大絶賛しています。

 

まだ日本語が話せないため、
通訳を介してのコメントとなりました。

日本のテレビドラマや映画の印象について聞かれると、
こう述べています。

「すごく真実味があるお芝居をする俳優さんがいたり、
芸術性がある作品をすごく気に入っています。」

 

さらに「好きな作品はありますか」という質問に、
「アメリカで『純と愛』を見る機会があり、
好きで見ていました」と答えています。

 

周囲からは喜びの拍手と喝采が起こり、
会見場はなごやかな空気に包まれました。

 

ドラマの撮影は5月からスタートし、
放送は9月29日からです。

 

朝ドラヒロインも国際的になりましたね。

 

日本語の台本もすぐに覚えるなんて、
すごすぎです。

 

たくさんの日本人のお友達ができて、
早く日本語が上達するといいですね。

 

朝ドラの放送が終わったら、
祖国に帰っちゃうのかな。

 

今のうちに色々な番組に出演して、
どんな人なのか知ってもらうといいかも。


スポンサードリンク

コメントを残す