スポンサードリンク

2015年NHK大河「花燃ゆ」ヒロイン・井上真央の夫役に大沢たかお


0071

2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」のキャストに、
俳優の大沢たかおが決定しました。

 

演じる役はと言うと、
井上真央演じる吉田松陰の妹・文の夫・
小田村伊之助で後の楫取素彦(かとりもとひこ)です。

 

大沢たかおはこの役柄で、
初めてその存在を知ったそうです。

 

大河というと英雄を描いたイメージですが、
この作品はひとりの英雄を描くのではなく、
英雄たちを陰で支えた人達や、
その家族を描いています。

 

小田村伊之助は群馬県初の県令(現在の県知事)です。
県庁を高崎から前橋に移転して、
伝統商業の養蚕の製糸業や教育に尽力し、
草創期の群馬県政に大きく貢献しました。

 

最初吉田松陰の妹・寿と結婚します。
しかし寿の病死後に久坂玄瑞の元妻で、
松陰や寿の妹・文と再婚します。

激動の時代を生き抜いた文にも注目です。

スポンサードリンク

夫の玄瑞は禁問の変で亡くなります。

その後伊之助は松陰に松下村塾を託されます。

 

松陰が松下村塾での教育期間は、
2年と短いのですが、
多くの優秀な人材が育っています。

 

著名な名な塾卒業生では、
近代日本に大きな功績を残した伊藤博文がいます。

 

優秀な人材が多く出ているといっても、
決して英才教育を目標としたのではないのです。

 

身分階級が厳しいこの時代、
身分制を廃止して一人の個性を尊重し、
規制がないのびのびとした生き方を教えていったのです。

 

この時代にこういう教育がなされていたのですね。

びっくりしました。

 

個性を尊重する教育って、
最近の事だと思っていましたから。

スポンサードリンク

なぜこういう教育が、
なかなか広まらなかったのかな。

 

集団行動を教えるほうが扱いやすいからかな。

日本はずっと集団行動を重視していましたよね。
私なんか個性が強いから、
人とちょっと違うと、
先生から駄目人間って判断されました。

悔しかったよ。

 

だから個性を尊重する教育は、
最近の事だと思っていました。

 

やっぱりいろいろな個性があってこそ、
色々な才能を持った人材が育つのだと思います。

 

個性を伸ばす教育がいかに大切かを感じました。

 


スポンサードリンク

コメントを残す