羽生結弦が平昌オリンピックを区切りにプロスケーターに転向!?

0332

 

1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 12:02:50.96 ID:???*.net

羽生、「平昌五輪で区切り」 その後はプロスケーター転向へ
2015.8.7 10:45

【トロント=田中充】フィギュアスケート男子でソチ五輪金メダルの羽生結弦(ANA)が6日、
トロントにある練習拠点のリンクで練習を報道陣に公開し、23歳で迎える3年後の平昌五輪を区切りに
プロへ転向する意向を明らかにした。

羽生は練習後の取材で、「平昌で(金メダルを)取って、そこからプロになろうと決めていた。
自分がまだベストな状態のときに、プロスケーターでありたい」と語り、
連覇を狙う次の五輪を集大成と位置づけた。

この日は、今季のショートプログラム(SP)曲で、昨季と同じショパンのピアノ曲「バラード第1番」
を使うことも発表した。けがの影響で昨季は断念した演技後半に4回転ジャンプを組み込む難度の高い構成で、
公開した練習では、まだ調整不足ながらも曲をかけた場面で、後半の4回転を着氷させた。

羽生は例年、秋のフィンランディア杯をシーズン初戦に見据えているが、今季はトロントで重点的に
トレーニングを積むため、初戦は移動が少ないカナダで10月中旬に行われる国際大会とする見込み。

産経ニュース
http://www.sankei.com/sports/news/150807/spo1508070022-n1.html

「羽生結弦が平昌オリンピックを区切りにプロスケーターに転向!?」の続きを読む…

高橋大輔がゲイパレードに参加!?キス顔披露!?橋本聖子とのキス事件が引き金に?

0331

 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 13:02:04.74 ID:???*.net

昨年10月、スケート競技からの引退を表明し、リンクから姿を消した高橋大輔(29)だが、現在はどんな生活を送っているのだろうか。

「すでに報道された通り、今年4月に語学留学のためアメリカNYに旅立ちました。現在はNY生活を超満喫しているのが、彼のインスタグラムなどを見てもわかります。
食事風景などさまざまなシーンが投稿されており、どの写真もとっても楽しそう。選手時代には見られなかった奔放な笑顔があふれていると、ファンの間でも話題になっています」(芸能ライター)

高橋の留学先は、セントラルパークにほど近いバーナードカレッジという大学。ここに週に2、3回通い、英語を勉強中だという。

だが、ちょっと心配になるような話もある。

フィギュア界の重圧の反動か

あるスポーツ紙の記者はいう。

「高橋を知るNY在住の日本人によると、最近の高橋はちょっと遊び過ぎじゃないかと。
本気で英語の勉強がしたいなら、もっと静かな環境にある学校を選ぶべきで、なぜあえてNYのど真ん中にある学校を選んだのか。
これでは、遊ぶためにNYに来てると思われても仕方ない、と言うわけです。
まあ、日本のフィギュア界を背負ってきた重圧から解放され、羽を伸ばしたい気持ちもわかりますが、羽を伸ばし過ぎてトラブルに巻き込まれたり、
享楽的な生活に飲み込まれて自分を見失うようなことだけは避けてもらいですね」

そんな高橋の奔放なNY生活を、週刊誌やネットも興味深くウォッチし続けている。

6月にNYで開催された世界最大のゲイの祭典『NY・ゲイ・プライド・パレード』に、友人だという“フードファイター”小林尊とともに参加。そのときの写真を自らインスタにあげていたというのだ。

ゲイパレードの渦中で、口をとがらせキス顔をする高橋。その何とも楽しそうな表情が印象的だ。
ちなみに、同行した小林尊はかつて大食い番組で一世を風靡し、2001年からはアメリカのホットドッグ早食い選手権で6連覇を達成するなど、大食い・早食い界では超有名な存在。

そんな小林にはある“噂”がある。前出のスポーツ紙記者はいう。

「ファンの間ではよくトピックにあがる話なのですが、彼には“その気”があるんじゃないかと。
といっても、奥さんがいて、カミングアウトもしていないので、真偽のほどはわかりませんが……」

そんな小林と2人でゲイの祭典に参加し、実に楽しげな表情を見せる高橋。
それを自らインスタグラムにアップするくらいであるから、近いうちに“電撃的カミングアウト”があってもおかしくないと見る関係者も少なくないようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/996671/
デイリーニュースオンライン 2015.08.05 12:00

http://image.dailynewsonline.jp/media/6/b/6b522c8384601b85a1307b95c657245c9b3054da_w=666_h=329_t=r_hs=c82a860042d57d84ec50e5383a9f7872.png

「高橋大輔がゲイパレードに参加!?キス顔披露!?橋本聖子とのキス事件が引き金に?」の続きを読む…

殺処分寸前の捨て犬だったミックス犬・夢之丞が災害救助犬として活躍する姿に感動!

0330

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2014/10/17(金) 23:13:59.45 ID:???
★捨て犬として殺処分寸前…
金波銀波 ・ 2014年10月17日 八重山日報

捨て犬として殺処分寸前だった雑種犬「夢之丞」が、広島の土砂災害で救助犬として活躍し、
話題になっている。倒壊した家屋の下などから人間を救出する役割を担う

◆夢之丞は生後3~4カ月の時、広島県動物愛護センターでガス室に送られるところだった。
偶然施設を訪れたNPОのメンバーに抱かれた時「自分の番が来たと直感したのか、
小さな体が約30分間小刻みに震え続けたという」(毎日新聞)。
夢之丞がNPОに保護されたあと、訓練を経て、救助犬として再生した

◆小さな命を断つことはたやすいが、その命には大きな可能性が秘められていたのかも知れない。
このエピソードは、一つの命が決して一つだけではなく、実は多くの命と連鎖していることを示唆してくれる

◆誰にとってもかけがえがないのは「自分の命」だが、それは想像もできないほど遠い昔から、
多くの先祖や周囲の人たちによって守り継がれてきた命である。特に県民にとっては、
最近の大きな危機は沖縄戦だった。祖父や祖母、または父や母になるべき人が命を落とし、
ついに存在することができなかった命も多いはずだ

◆自分の命は自分の命であると同時に、託された命でもある。自分の肩に何が背負わされたのか、
生き抜いてみないと分からない。

http://www.yaeyama-nippo.com/2014/10/17/%E6%8D%A8%E3%A6%E7%8A%AC%E3%A8%E3%97%E3%A6%E6%AE%BA%E5%A6%E5%86%E5%AF%B8%E5%8D/

「殺処分寸前の捨て犬だったミックス犬・夢之丞が災害救助犬として活躍する姿に感動!」の続きを読む…